月経とPMS

月経前症候群、PMSという症状も女性を悩ませるひとつです。

これは、月経の1週間~2週間位前から起こり、月経開始とともに症状が消える身体的な症状、精神的な症状を指すもので、月経前特有の症状として知られており、原因は、ホルモン分泌といわれており、エストロゲン、黄体化ホルモン、プロゲステロンといった様々なホルモンが起因するといわれております。

しかし、明確な要因は解明されておらず、多くの女性を悩ませているというのが現状です。

また、気をつけなければいけないのは、PMSと思っても、その症状がPMSではなく、別の病気や疾患の場合があることです。

不安に思うことは、きちんと婦人科などで診察を受けることをおすすめします。

PMSは、診察を受けることで適切な対策を知ることができますが、PMSの対策の基本は、生活習慣の改善が効果的です。

仕事の影響で、生活が不規則になったり、食生活が乱れたり、ストレスを過度に溜め込むなど、そうした生活習慣の乱れに反応して、PMSの症状を悪化されることも多いのです。

また、PMSだけでなく免疫力を低下させ、知らず知らずのうちに身体の機能低下や、病気の原因をつくるものです。

女性特有の月経・生理に伴う病気であること、且つ明確な要因が分からないことから、上手に付き合っていくように日々の生活習慣を改善していきましょう。